【カンパチブログ】アガルートで行政書士試験・予備試験を目指す

法律資格突破を狙うブログ。勉強方法や講座を受講した正直な感想を紹介します。出世魚になるぞ!

コスパが最も良い通信講座生におすすめのワイヤレスイヤホンAir tws T8

f:id:laway:20190211235847j:image

受験生にとって地味に役立つ勉強道具として今回はワイヤレスイヤホンをご紹介します。ストレスフリーな勉強環境の構築にワイヤレスイヤホンは意外と役立ちます。元々有線イヤホンで満足していた僕がワイヤレスイヤフォンを購入したところ予想以上に良さを実感したので今回記事を書きました。

・ワイヤレスイヤホンってどれを買えばいいのか

・ネットで講座を受講している受験生

・学習環境を少しでも快適にしたい受験生

へ向けた記事です。

結論から言いますとDeliTooの2019年度版のワイヤレスイヤホンが最もコスパが良いのでおすすめです。それではワイヤレスイヤホンが勉強になぜ役立つのか、またなぜこのイヤフォンがおすすめなのか理由を述べていきます。そもそも勉強をするにあたって前提として学習しやすい環境を整えなければなりません。少しでも良い環境を作るのに役立つのがワイヤレスイヤホンです。

想像以上に快適

線がないということは使用するにあたって有線と比べて自分が思っているよりずっと快適です。有線イヤホンでも使用にあたって何ら問題ないからワイヤレスイヤホンなんて必要ないと思われるかもしれませんが、一度使ってみればその快適さに慣れて有線イヤフォンには戻れないと思います。実は自分も去年までずっと有線イヤホンを使っており、わざわざ新しくワイヤレスイヤホンを買ってまで使用する必要はないと思っていました。あれば便利だけどわざわざ購入してまでは欲しくないってスタンスでした。ですが有線イヤフォンが断線したことをきっかけに線のないイヤホンを使用してみたところ、あまりに快適だったのでそれ以来ずっとワイヤレスイヤホンを使用してます。今までずっと有線イヤホン使ってきた方にとっては不必要と思われるかもしれませんが、一度使えばその魅力は想像以上です。

いちいち外す必要がない

講座を受講していると途中でトイレに行ったり、休憩するため席を離れることがあると思います。有線イヤホンの場合はその度に付けているイヤホンを外し用事を足して、また装着して講義に戻るという動作を繰り返さなくてはなりません。しかしワイヤレスならそのような煩わしい動作をする必要がなく付けたまま席を離れることができます。わざわざ外すという面倒なステップを踏むことなくストレスフリーに勉強を継続できます。

勉強スイッチが完全に切れない

勉強に疲れた時にイヤホンを外して少しだけ休憩に入るつもりがついつい休憩が長引いてしまい、再びイヤフォンを付けて講義を聞くことが億劫となり結局勉強しなかったなんて経験ありませんか?勉強している人あるあるだと思います。SNSチェックしたりゲームするのは楽しいですもんね!おそらくイヤホンを外すことで一度勉強から完全に解放されてしまうため再び勉強に戻りづらいということが原因です。そんなときワイヤレスイヤホンなら付けたまま休憩するのである程度勉強モードの意識が残っているので短時間の休憩後に再開するのも苦ではありません。自分が思っている以上にイヤホンを外すという行為が勉強モードのスイッチになっているんです。これはかなり主観的な要素が入っているので一概には言い切れないのですが、自分の場合はイヤホンを外したときは勉強→休憩の切り替えスイッチのようになっています。なのでワイヤレスイヤホンはいちいち外す必要がないため勉強モードのスイッチを完全に切ることなくダラダラと休憩してしまうことを防げます。

コードが邪魔にならない

有線イヤホンあるあるだと思うのですが、付けたまま動いていると自分の手や物にイヤホンコードが当たりイヤホンがすっぽ抜けることが多々あると思います。さらに勉強している場合は自分の開いているテキストにコードが掛かって見にくかったき、書き込みづらかったりすることもあると思います。「コードなんて邪魔にならないような位置にズラせばいい!」と思われるかもしれません。ただワイヤレスイヤホンならそんな手間が一切かかりません。たった数秒の作業かもしれせんが講義を聞くたびに毎回コードをズラす作業をしているとしたら合計したら結構な時間になるかもしれません。勉強環境に関して避けられるストレスならば事前に避けるべきです。勉強で良い結果を出すには少しでも良い学習環境を自分で作らなければなりません。環境作りにもこだわらなければいけません。

また勉強だけでなくワイヤレスイヤホンは普段使いでもとても便利です。僕は普段ランニングをするのですが、何度か手にイヤホンコードが引っかかってすっぽ抜けます。また通勤で電車を利用する社会人や学生だと朝は満員電車に乗っていると思います。ギューギューな満員電車の中で他人にイヤホンコードが当たりイヤホンが外れてしまい、外れたイヤフォンを踏まれてしまったことなどありませんか(僕だけですかねw)?ワイヤレスイヤホンならそのようなことが一切ありません。運動してても満員電車に乗っていてもコードが原因でちょっとしたストレスを感じることがありません。

Amazon'sChoiceされるほどコスパが良い

f:id:laway:20190212000111j:image

DeliTooの最新版ワイヤレスイヤホンは本当におすすめできます。Amazon価格で6000円台(定価約25000円)で売ってます(iPhone &Android対応)。あまりの人気にAmazonでオススメされているほどのイヤホンです。iPhoneiPadを普段使っているので当初はAir podsを購入するつもりでした。しかしイヤホンに17000円(定価18000円のところAmazon価格で少し安価)を出したことがなかったので、値段がネックとなりいまいち踏ん切りがつかず購入を躊躇していました。そんな時に発見したのがこのイヤホンでした。価格とデザインがまさに自分好みでした。機能も値段以上のものが搭載されており、音質も悪くないです。もちろんノイズキャンセリングが採用されているので電車内でもしっかり聴けます。

主な特徴

長時間利用できる(120時間)

f:id:laway:20190212000037j:image

ワイヤレスイヤホンで唯一気になっていた問題点は充電が必要ということでした。いくらワイヤレスが便利だとしても充電不足が原因で使用できなかったら本末転倒といえるからでさ。有線イヤホンならば充電は不要なのでワイヤレスイヤフォンとのギャップに不便さを感じるかもしれないと思っていたからです。しかしこのイヤホンは120時間連続駆動&大容量の充電ケース(3500mAh)があるので充電切れの心配がないのでワイヤレスイヤホンの欠点が見事にカバーされています。具体的には1回の充電で3時間程度使用でき、充電ケースのみで42回充電できます。つまり5日間程度ならフルで聴けます。さすがにそんなに聴き続ける人はいないのでこれだけの使用時間があれば十分すぎます。またこの充電ケースはスマホのちょっとした充電器にもなるので優れものです。

自動接続

f:id:laway:20190212000323j:image

初回に端末に接続すればそれ以降は充電ケースから外すだけで自動で端末とイヤホンがペアリングされます。なので使用するたびに接続をする必要がありません。もちろん片耳だけケースから取り出しても自動接続されるので電車の車内放送を聞きたいときなど片耳だけでも簡単に使用できます。

シンプルな操作

バイスをバッグやリュックに入れている場合でもイヤホン自体から操作できます。基本操作としてはイヤホン自体を1回タップすれば一時停止/再生2回タップすれば次の曲が流れます。左長押しで音量を下げる、右長押しで音量を上げるなどです。マイクも搭載されているので電話も出ることができますし、Siriも作動できます。音声に関わることは基本的な操作はイヤホンタップでほとんどできてしまいます。去年までは有線イヤホンを使っていたので正直この機能はびっくりしました。技術はどんどん進化していて本当に便利な道具がたくさん出てきているんだなあと感心しましたw

まとめ

・有線イヤホンで満足していたけどワイヤレスイヤホンに対して無知なだけだった

・ワイヤレスイヤホンで勉強環境をアップ

Amazonチョイスされるほどのコスパの良いイヤホン