【カンパチブログ】アガルートで行政書士試験・予備試験を目指す

アガルートで法律資格突破を狙うブログ。勉強方法や講座を受講した正直な感想を紹介します。出世魚になるぞ!

行政書士試験の当日の様子と注意点

f:id:laway:20181202030631j:image

こんにちは。2018年11月11日(日曜)、ついに行政書士試験を受験してきました。実際に受けてみて、当日の様子や注意点を今後この試験を受ける人のためになればと思い書かせていただきます。

 

試験会場の様子

僕が受けた受験会場は某大学でした。非常に綺麗で不満はまったくなかったです。試験開始は13時からですが12時30分までには入室を求められます。入室自体は11時50分から可能となります。少し余裕を持って試験会場には11時30分に到着しました。驚くことに既にかなりの人数の人が待機してました。行政書士試験は受験者数が多いとは聞いていましたが、大勢が大学内のベンチや道端に座って勉強しながら待機してました。年齢層の幅もかなり広く、自分よりもはるかに年上の人ばかりでした。そして男性の割合がかなり多かったです。体感としては男性:女性=8:2くらいでした。

行政書士試験は受験要件が課されていません。そのため多くの人が受験します。もちろん猛勉強してきた人もいれば、遊び半分な記念受験のような人もいます。入室可能となる時間になるまで本気の受験者は外で最終チェック勉強をしている一方で最終チェック用の教材など一切ないほぼ手ぶら状態で友人とケラケラ笑っている人もおり、受験者間の温度差といいますか意気込みの差を感じました(もしかしたらめちゃくちゃ優秀な人なのかもしれませんがw)。この状況を見て本気で勉強して試験に臨んでいない人がかなりの割合でいるんだなと思いました。行政書士試験の合格率は約10〜15%ですが、本気で勉強してきた人たちのみの統計をとればもっと合格率は高いはずです。合格率という数字だけに過度に恐れる必要はないな、と思いました。

注意点

お手洗いの混み具合は異常

教室に入ったらまずはお手洗いの位置を確認しましょう。最寄りのお手洗いは異常に混みます。人が比較的少ない場所にあるお手洗いを見つけましょう。鮮明に記憶しているのですが、12時5分にお手洗いに行こうと思ったらすでに長蛇の列でした。そしてなんとお手洗いを済ませることができたのは12時20分ですよ!?並んでいた時間14分お手洗い滞在時間1分です。おかげで最終チェックの自作まとめノートを作ったにも関わらず、チェックをし終えることができませんでした!!笑

このお手洗い激混み問題は会場によって差があると思いますが、あまりにお手洗いが混雑していたので書かせていただきました。

そのため遠くても良いので人の少ないお手洗いを予め把握しておきましょう。

マスクはあったほうが良い

行政書士の試験時間は3時間です。そのため僕は試験中、喉の乾燥を防ぐためにもマスクをしていました。自分の隣の女性は試験開始1時間後にむせていました。それは生理現象なのでなんら問題ないのですが、あるおじさんがあまりに女性がむせているのが気になり集中できないのか露骨に舌打ちをしていて教室内の空気は最悪なものになっていました。咳くらいで舌打ちしなくても良いのになぁと思いながら問題を解いていました。

できるだけ良い環境で受験できるようマスク付けて乾燥を防ぎましょう。

静寂な環境とは限らない

自分が受けた教室は比較的年齢層が高い受験者ばかりで、20代である僕が1番若いのではないかと思われる教室でした。僕は普段勉強していても雑音はほぼ気にならないのですが、普段静かすぎる環境で勉強している人にとってはもしかしたら集中しづらいかもしれません。なぜなら試験時間が3時間もあるため途中でお手洗いに行く人が続出するからです。そのたびに自分の周りを慌ただしく人が移動します。まためちゃくちゃ咳払いする人とかいます。過度に気にしては試験結果に影響が出ます。僕の左側の人からはカレー作ってるの?と思うくらいカレーの匂いがしていました。匂いに対しても広い寛容な心で気にしないようにします。気にしたら負けです!書いてて思ったんですが、おそらく僕が受けた試験教室の環境まあまあ最悪なのかもしれません(笑)。でも奇声を発したり暴れだす人とかはいなかったので最低限の秩序は保たれていたのでよかったです。

どの受験者と同じ教室で受験するかは完全に運なのでどんな状況でも問題を解き続けるという心構えを持って受験しましょう。初めから受験中には何か起こるかもしれないと思っておけば多少のトラブルに影響されることなく試験を受けきれると思います。

手応え

自己採点したところ、なんとマークミスなければ合格だと思います。マーク式で160点台だったので記述式で60点中15点以上獲得できていれば合格していると思います。

正直なところまさか本当に受かるとは…という感じです。

アウトプットをとにかくひたすら意識して勉強してきたので合格が確定したら、より具体的の勉強方法を記事にしようと思います。

まとめ

・本気で試験に臨んでいる人ばかりではないからこそ自分が本気で勉強すれば合格できる行政書士試験

・試験時間が長いので喉の乾燥防止のためマスクはあったほうが良い

・試験中は多少のトラブルがあっても動じない心構えをしておこう