【カンパチブログ】勉強と資産運用と健康

勉強&資産運用&健康を中心としたブログ。出世魚になるぞ

凡人がたった40日でTOEIC600点勉強法

この記事はTOEIC600点を目指す英語が苦手な人向けの記事なので英語が得意な人はスルーしてください!

英語が得意な人に読まれるのは正直恥ずかしいいのでやめてあげてください。笑

巷にはTOEIC満点だとか900点代の人がゴロゴロおり、その人たちがさまざま勉強法を公開しています。英語を極めたい人はぜひそれらの英語専門ブログを見たほうが良いですよ!笑

ただ、みんながそこまで英語できるとは限りません。

そんな人に向けてこの記事を書いています。

こちらが約1ヶ月前に受けたTOEICの結果です(受験日から1ヶ月後に結果が分かります)。

f:id:laway:20180826214645j:image

600点を目標に勉強を開始してギリギリ目標達成(あ、あぶねえ…)!!

ギリギリだけど目標はクリアです!笑

嬉しい(T-T)

とりあえず600点を取りたいって人もいると思います。僕のような凡人でも短期間で600点をクリアできたのでどのような勉強法をとったのかぜひ参考にしてみてください。

40日間で使用した参考書

理想を言えばきちんと体系立てて学びたいですが、40日間なんてあっという間なのであれもこれも教材には手を出せません。

そこで参考書や問題集は厳選したもののみです。たったの3冊です。

 

単語は必須です。

最初は大学受験の時に使ってた単語帳でいいかなぁ?とか舐めたことを思っていましたが、やはり新しく購入して正解でした。

キクタンじゃなくても構いませんが、TOEIC用の単語帳にしてください。

大学受験やセンター試験向けの単語帳じゃだめですよ。なぜならやはりTOEICにのみ頻出する単語があるのでそれらに対応できるようにするためです。

そして次はこの本です。

ヒルキ本です。

TOEIC業界ではもう定番だと思いますが、TOEICについてまったく詳しくない僕にとってはどの情報も目から鱗でした!笑いわゆる試験テクニックが満載です。

高得点を取る人たちはこれらを意識することなく当然のようにやっているんでしょうね!この本は受験票が届いてからでも間に合うと書かれていますが信じちゃダメですよ?笑

たしかに受験票が届いてからでも一周読むことができる分量の本です。しかし、人間たった本を一周読んだだけじゃ身に付くわけがありません。少なくともこの本を3周は読み込んでTOEIC特有のテクニックを身につけましょう。

僕が短期間で600点を取れたのはほとんどヒルキ本のおかげです。

そして最後はやはりTOEIC新公式問題集です。

新公式問題集ですよ!公式問題集ではありませんよ!

数年前にTOEICは形式が変わったので注意してくださいね。僕は勉強関係の参考書はケチっちゃだめという考えです。中古の参考書だと新品の参考書に比べなぜか若干勉強のモチベーションが下がります。

やはり自分で新品の参考書を購入した以上は結果を出したい!って気持ちになるみたいで…

あと真っさらな新品の参考書や問題集が使い込んでいくうちに少しずつボロボロになっていく変化が勉強した証みたいに感じるんだと思います。

なのでできれば新品を購入するべきだと思いますが、ブックオフやフリマアプリなどで中古の参考書を購入する場合は形式が変わる前の旧TOEIC公式問題集を購入しないように注意してくださいね。

勉強法

単語帳

これは日々の隙間時間に毎日やっていました。

大学受験以降一切やっていなかったので知らない単語ばかりになっていました。疑う人もいるかもしれませんが本当に大学受験以降ま〜ったく英語に触れていません。もったいないですよね…あんなに時間のある大学生活に勉強しないなんて…くそー

とゆーかもし触れていたならもっと高得点狙ってます!笑

単語帳は毎日の通勤時間やちょっとした待ち時間にすることを心がけましょう。理由はまとまった時間はできるだけ問題演習にあてるためです。

せっかくのまとまった時間を単語の暗記に費すのはあまりにもったいないです。単語は短時間の細切れ時間で見ることができるのでそのような時間の使い方をしていました。

よく間違える単語にチェックを付けておきそれを試験日までできるだけ減らしていってください。40日間できるだけ頑張りましたが結局試験当日でも単語帳の各ページに1、2個くらいは暗記しきれない単語が残っているような状態で突入しました。おそらく隙間時間だけで最低7周くらいはしました。

ヒルキ本

この本に書いてあることは確実に身につけてください。

本番ではこの本に書かれているテクニックを意識することなく自然とできるくらいに仕上げていってください。各パート毎に合わせたテクニックは本当にためになりました。

新公式問題集

何度も解きます。

試験形式に慣れることで時間配分を間違えることなく解き終える感覚を掴んでください。

僕レベルの英語力ですとTOEICは本当に時間が足りません。いかに早く解くかを意識してください。

結果的には正解だった問題も解くのに30秒かかったのか、それとも1分かかったのかでは全然違います。

偉そうにここまで書いていますが、TOEIC本番では普通に時間切れでした!!笑たしか全200問のうち180問程しか解けずあとはまとめて勘でマークしてしまいました。まぐれでも正解するかもしれないので時間なくてもとりあえず全部マークすることは忘れないでくださいね、

点が取れればそれでいいんだ(暴論)!

こんな状態でもなんとか600点取れるので、600点を目指している方はあまり気負わずに勉強してくださいね!笑600点なら凡人でも少し勉強すれば意外と取れてしまう点数なので安心してください。

勉強計画

この計画は勉強時間が比較的確保できない人(社会人、学生だけどバイトマン)向けです。

勉強時間が取れるという人は分野別の問題集を挟んでください。

実は自分も分野別の問題集を用意したのですが結局時間がなくて手付かずで本番を迎えてしまいました。

単語は毎日隙間時間に暗記してください。

そして平日はいつもより1時間早起きして1時間ヒルキ本をゴリゴリ解きます。その日寝る前に朝解いて間違えたところを復習します。平日の勉強時間は1.5時間くらいでしょうか。

土曜日は公式問題集を解きます。

休日出勤だったとしてもなんとか2時間分を捻出して本番通りの時間を体験してください。丸つけをして間違えたところを復習します。

日曜日にもう一度復習します。

意外と復習は時間かかります。

平日にヒルキ本でTOEICを解くテクニックを身につけて、土日に公式問題集で本番同様の緊張感を持って身についたかどうか試すイメージですね。

そうすると本番までにヒルキ本を4〜5周、公式問題集を2〜3周回せます。

時間配分を身体に染み込ませてくださいね。

2時間ぶっ通しで集中して解くって慣れてないとかなり疲れます。特に座学の勉強からしばらく離れている人にとっては最初はかなりきついと思います。

途中で集中力が切れないように事前に十分に慣らしておきましよう。

ポイント

毎日必ず英語に触れること

どんなに忙しくてもどんなに疲れていても必ず10分以上は英語に触れるようにしてください。

怠けたい気持ちをグッと押し殺して試験日まで走り抜けましょう!

隙間時間は実はけっこう使える

毎日忙しいように見えても実は隙間時間って意外とあります。自分の場合は移動中も頭の中で単語や短文を復唱してました。

あとはお風呂に入ってる時や寝起きのボーっとしがちな時間なども勉強するようにしていました。ベッドのすぐ近くに参考書を閉じずに置いておくのはかなりオススメです。起きた瞬間から勉強を開始できますよ!ちょっとした時間を有効活用してやる!という心構えを持って生活すれば必ず勉強時間を捻出できますよ。

期間限定全力集中

40日という期間が限定されているのでその期間中は集中して勉強してください。だらだらと長期間勉強するより短期的にビシッと集中してやったほうが効果は高いです。やると決めた以上やってやりましょう!

できないところだけを繰り返す

できる問題を繰り返し解くのは本当に時間がもったいないです。ただでさえ短期間で成果をあげようとしているのだからできない問題のみを徹底的に解いてください。正解した問題は二度と解かないスタンスで良いと思います。イメージとしては所々に空いた知識の穴を毎日少しずつ埋めていく感じです。

いかがだったでしょうか。意外と600点はあっさり取れると思うので最初から諦めるのではなく果敢にチャレンジしましょう。きっとみなさんは僕よりも優秀なのでより短期間で目標点を突破できると思いますよ!

英語教育においてかなりの実績のあるアルクの講座もおすすめです。

体系立てた学習が可能なので問題集選びに時間を取られたくない方や勉強時間が比較的確保できるかたはアルクの得点別のtoeic対策講座でまとめて学習するのもオススメですよ。

書籍でスコアが上がらなかった方へ! TOEIC(R)テスト完全攻略500点コース

 

4カ月で本番で実力を発揮するテクニックを。TOEIC(R)テスト完全攻略700点コース