【カンパチブログ】勉強&資産運用

勉強&資産運用を中心とした雑記ブログ。出世魚になるぞ

日本で生きていくなら読まなきゃ絶対損する漫画インベスターZ

f:id:laway:20180826050817j:image

 

インベスターZ のココがおすすめ

お金の勉強になる

 

生きる上でお金は必要不可欠です。

お金が全てとまでは言いませんが、綺麗事を抜きにしてお金はすごく大事です。

 

この漫画がお金の勉強になるといっても1ヶ月で1000万儲ける方法!のようなネットにありがちな内容の薄っぺらいものではありません。

 

学校の勉強では習ってこなかった資本主義経済の仕組みや生きる上で知っておかなければならない金融系の勉強になります。

日本人は小学校、中学校、高校を出て就職する人もいれば大学に進学する人もいます。

さらにもっと専門の研究したいという人は大学院へと進むと思います。

 

しかし義務教育を含めたこれまでの勉強においてお金について学んだことありますか?

 

お金って一体なにって考えたことありますか?

 

同じ人間なのにアメリカ人の多くが投資(資産運用)するのになぜ日本人の多くがとにかく貯金をするのか考えたことありますか?

 

日本人に貯金をするよう促したのが実は戦前の日本の国策によるものと知っていましたか?

その意図が何を意味したのか知っていますか?

 

生命保険をなんとなく契約していませんか?

契約内容や仕組みを具体的に知って契約していますか?

生命保険がわざと分かりにくい内容になっているということを知っていますか?

 

これらはほんの一例です!!

 

いわゆる大学受験では出題されないような知識がめちゃくちゃ詰まっています。

 

しかも普通なら理解しづらい複雑な金融の歴史や仕組みですが、漫画なので絵を交えた分かりやすく説明がなされています。

 

漫画なので心理的ハードルが低く気軽に読んで学習できます。

 

現代の資本主義社会である日本で生きる以上は絶対に知っていなければならない知識があります。

 

 

あらすじ

道塾学園に入学した投資経験のない中学生の財前(主人公)が公にはされていない投資部に入部し、活動していく物語です。

この学校の生徒は一切授業料を払うことが免除されており、表向きの理由は創設者の莫大な財産によって負担されているとのことです。

しかし実際は、各学年で成績トップの選ばれた者のみによって構成される秘密の部活である投資部による資産運用によって学校が運営されているのです。

投資初心者の主人公財前がお金の歴史や日本と外国のお金に対する考え方の違いを勉強し成長していく過程を描いています。

登場人物には投資自体に完全否定的なキャラクター(財前の父)も出てくるため異なる視点からも楽しめます。

ちなみにインベスターZとはinvestor=投資家、Zは財前のイニシャルから取っており投資家財前という意味です。

 

 

読んだときに衝撃が走った

僕がインベスターz を初めて読んだときはまだ学生でした。

 

もともとドラゴン桜が好きだったということもありモーニングで連載されているのを偶然発見したときに何気なく読み始めました。

 

何気なく読み始めたのに気づいたら食い入るように読んでいたのを今でも覚えています。

 

とにかく衝撃を受けたのを覚えています。

 

知らないことばかりでまさに目から鱗でした。

 

インベスターZを読んだことがきっかけでお金の使い方をより考えるようになりました。

 

自分は服が好きです。

なので好きなファッションブランドもいくつかあります。

それまで服選びにおいてブランドで選んでしまうことがしばしばありました。

 

同じようなTシャツでもどうせ買うならきっと品質の良いであろうハイブランドなTシャツを選んでいました。

 

この選択をするときは完全に思考停止状態であり価値ということをまったく考えていませんでした。

 

商品の価格には品質はもちろんですがブランド価値に加え広告費も含まれているのです。

 

例えば高級時計をはじめとしたブランド品はたしかに素材は最高品質であることは間違いありません。

 

しかし一方で東京の超一等地に店を構え有名な俳優やスポーツ選手に高額なギャラを支払って宣伝しています。

 

そのためわれわれ顧客は品物を買ってもその半分以上は土地代や有名人の広告費を支払わされているのです。

 

物自体の価値という観点からすればまったく割に合っていないのです。

 

これは好みは人それぞれなので良い悪いということではありません。

決して高級ブランド品を買うやつはバカだ!ということを言いたいわけではありません。

 

僕もやはり服が好きなことには変わりがないのでこれらの仕組みを分かった上で本当に気に入った物はやはり買います。

 

ただこの漫画がきっかけでこの商品にはこの価格に見合っただけの価値が本当にあるのか?と真剣に考えるようになりました。

 

なので無駄遣いがかなり減りました。

この考えを常にするようになりました。

 

読んで思ったことはどうして義務教育でお金についてちゃんと教えてくれないのだろう?と純粋に疑問でした。

 

年齢関係なくおすすめ

できれば10代の学生にも読んでほしいです。

若いうちから読むことによってお金に対する考え方が変わると思います。

年配の方にもぜひ読んでほしいです。

僕は母にインベスターZを勧めたところかなりハマっていました。

母もとても勉強になったと嬉しそうに言っていました。

専門的な難しいことはよく分からないし本も読む気にならないけど、インベスターZは漫画だったから分かりやすい説明で飽きることなく最後まで読めたそうです。

 

まとめ

・漫画を通じてわかりやすくお金の勉強ができる

 

・実際に投資を始めるかは別として広い視野をもつきっかけにもなる

 

やっぱり三田先生の漫画は面白いですね。

多くの人が疑問に思っていること、勘違いしていることに対して物語を通じてズバッと切っています。

ドラゴン桜が面白いと思った人なら間違いなくこのインベスターZも面白いと感じるはずです。

 

インベスターZの漫画があまりに好評だったので現在では漫画だけでなくドラマもやっているので要チェックですよ!

 

ドラマのインベスターZは出演者が面白いんです。

ももクロ早見あかりさんや大和田伸也さんが出演しています。

他にも魔術師とさえ呼ばれるあの落合陽一も出てきました。

ほかにも面白いなと思ったのがナレーションをホリエモン堀江貴文)が担当していることです。

さらに実際に我々にサービスを提供している企業(メルカリ、SHOWRoom)などのCEOが出演しています。

やっぱり最高責任者の人の生の声には説得力があります。

 

自分はもちろん毎週みてますよ!笑

 

ただ漫画とドラマでは異なるところが多々あるので学ぶという点からすればやはり漫画をおすすめします。

やはりドラマは放送回数が限られている以上かなりのことが省略されてしまうので仕方がないですよね…

 

それでも漫画もドラマもどちらもおすすめなのでぜひ読んでみてください!

 

迷っているなら四の五の言わずに読みましょう!

 

決断しないことは、ときとして間違った行動よりたちが悪い

ヘンリー・フォード

 

 

電子書籍ではなく実際の本を好む人は品揃えの豊富なamazoneがオススメです。

 

一方で場所を取るし、持ち運びに不便という方はDMMで電子書籍版を買うのがおすすめです。

他のサイトで購入するのと異なりDMMならポイント還元があるのでお得に購入できるからです。