【カンパチブログ】勉強と資産運用と健康

勉強&資産運用&健康を中心としたブログ。出世魚になるぞ

宅建を取って就職や転職の武器にしよう

f:id:laway:20180813000346j:image

宅建ってどんな資格

宅建という名称は実は略称で、正式名称は宅地建物取引士です。宅建の有資格者になれば一定の不動産知識を有することの証明にもなる立派な国家資格です。文系の人間にとって最初に取得する代表的な資格とも言えます。

不動産取引においては、専門用語が多く用いられます。不動産ともなるとやはり取引額がかなり高額なので専門用語や専門知識が分からないまま契約してしまうことはかなり危険です。

そこで活躍するのが宅建士(宅地建物取引士)です。

宅建士は不動産の売買する人に「契約社の中でも特に大事な部分(重要事項)を説明する」という役割を担っているのです。

そのため宅建の資格を取得することは不動産に関する専門知識を有することの証明になるのです。

宅建の資格を取るメリット

宅建試験に合格するとたくさんのメリットがあります。多くの人が就職や転職活動をすると思いますが、宅建資格を有しているものは間違いなく有利に働きます。

例えば不動産業を営む場合、一定の割合で宅建有資格者を配置する義務があります。

そのため不動産会社にとっては宅建に合格した人が喉から手が出るほど欲しいのです。

なので不動産関連の会社であればかなり強力なアピールポイントとなります。

そして不動産には価値が伴うため必然的にお金が絡んできます。

つまり就職や転職に不動産関係だけでなく金融関係にも関連するため、幅広い分野の会社に有利に働きます。

宅建資格だけに限りませんが、資格を有しているということはその分野において一定の水準以上の知識を有していることの証明になります。

自分が真剣に取り組んできたことの客観的な証明ができることってすごく大事なことです。

あなたが面接における採用側の人間になったと仮定して考えてみてください。

志望理由も明確で性格にも問題のない同じ能力を有している最終面接に残った就職希望者が2人いたとします。

あなたはどちらか1人を選択しなければなりません。片方は資格取得欄に何も書いていないのに対しもう片方には国家資格が書かれていたとします。

どちらを採用しますか?

やはり国家資格を有している方を採用すると思います。たくさんの入社希望者がいる中で、履歴書の資格取得欄に国家資格があるかないかで既に大きく差をつけることができます。合格という目標達成のために計画を立てて、自分の弱点を把握して克服した人なんだなという推定が働きます。

資格を持っているということはプラス要素ばかりなのです。

給料アップ

会社によっては資格手当があります。そのため宅建の資格をもっていれば、資格手当として給料にプラスされます。

具体的な金額は会社によって異なるので一概には言えませんが5000円〜30000円ほど毎月資格手当としてプラスされます。会社によっては入社後に宅建に合格することを求めてくることもあります。

不動産業界に興味がある人は、結局宅建に合格する必要があるので早いうちに取っておくのが賢いと思います。

こんな人にオススメ

学生のうちに何か資格を取りたい人

宅建は初学者の人でも短期間で合格することが十分に可能な試験です。

アルバイトやサークル活動を満喫するのも良いことだとは思いますが、同時に何かにチャレンジすることもメリハリのついた充実した学生生活になると思います。

また忙しい人大学生も多いと思いますが中にはとにかく暇!!という学生さんもいると思います。特に文系の学生さんにありがちだと思いますが、休み時間が意外と多くて暇を持て余してる人もいると思います。そんな人にはぜひ宅建がオススメです。

就職活動で周りに差をつけたい人

宅建資格を持っていれば必ず周りと差をつけることができます。

自分の将来が不安だ!自分を雇ってくれる会社なんてあるのだろうか?

そんな不安を抱える人も多いと思います。

少し先の未来を考えて早い段階で動きだしましょう!

法律を学んだ経験のある人

後で紹介する宅建試験の出題科目を見ればわかりますが、権利関係という科目があります。これはざっくり言うと民法です。50問のうち14問が民法なので、法律学習経験がある人にとってはかなり有利です。民法が得意ならあと18点取る勉強をすればいいだけなのでかなり負担が軽くなります。

宅建はどんな試験

受験資格はありません。誰でも受験できます。

受験料7000円です。

試験時間は午後1時〜3時の2時間です。

毎年10月の第3日曜日に行われます。

ちなみに受験申込みは7月中です。忘れないように申込みましょう。

毎年20万人以上は受験します。受験者数の多さからもわかるように、それだけキャリアップや転職に有利なのです。

そして合格率は約15%です。数字だけ見るとびびっちゃいますよね!でもよ〜く考えればそこまで臆する必要はありせん。宅建試験は誰でも受験できます。つまり受験資格がないのです。受験者の質がまったくのバラバラなんです。

先程述べたように、会社から強制的に受験させられているような人も含まれています。これはかなり勉強してきており合格率の高い上位層もいれば、なんとなく受験しようかなという問題によって合否がわかれる中間層もいれば、勉強していないまったくやる気のない下位層も含まれています。なので合格目指して勉強してきた人にとっては実質的なライバルはそこまで多くないのです。

試験内容

50点満点のうち34点以上で合格です。

出題科目

権利関係14問

宅建業法20問

法令上の制限8問

その他の法令8問

出題内容の把握はかなり大事です。

たまにやみくもに勉強を開始する人がいますが、まずは試験範囲や頻出内容を確認しましょう。やる気があるのは良いことですが目的意識のない勉強は試験に合格するという観点からすれば遠回りになってしまうため注意しなければなりません。

無目的にただ勉強するのではなくまずは出題数の多い権利関係と宅建業法を集中的に勉強するといいと思います。

すべてマーク問題です。マーク式はありがたいですよね。本来は実力で正解してほしいですが、偶然正解してしまう可能性も大いにありますよ!笑

まとめ

僕が伝えたいのはとにかく宅建試験はオススメですよ!ってことです。難易度も難しすぎず簡単すぎず丁度良いですし、就職や転職に限らず必ず将来役立ちます。

試験は年に1回しかないので、どうせ勉強するならば早い段階で開始して確実に1回で合格しましょう。