【カンパチブログ】勉強と資産運用と健康

勉強&資産運用&健康を中心としたブログ。出世魚になるぞ

ドライブレコーダーであおり運転などの違法行為から身を守ろう

f:id:laway:20180728215913j:image

最近あおり運転による事故や事件をニュースでよく耳にしますよね。

 

死亡につながる恐れのあるあおり運転が社会問題化しています。

 

そんな状況下においてドライブレコーダーが大変人気となっています。

ここ5年でドライブレコーダーの売り上げは3倍となっています。

 

なぜドライブレコーダーが人気なのか

防犯対策

ドライブレコーダー動く防犯カメラとも呼ばれています。

車内外の様子をカメラに収めることによりあおり運転の原因となる幅寄せや割り込みによる交通トラブルに備えることができます。

当たり屋対策にはドライブレコーダーはかなり役立ちます。

海外では信じられないような大胆な当たり屋が多いように感じますが、日本にだって当たり屋はたくさん存在します。

当たり屋は故意にドライバーの死角から跳ねられたフリをし、お金を要求してきます。

当たり屋は自分が悪いことを自覚しているため警察による綿密な取り調べを異常に嫌います。

そして証拠があれば確実に自分が悪いということがバレるためドライブレコーダーがあることを示せば不当な金品要求を防げます。

もし当たり屋に遭遇してしまったら警察の存在とドライブレコーダーの有無を相手に伝えましょう。

かなりの確率で当たり屋被害を防ぐことができます。

トラブル時の証拠

自動車トラブルが生じた場合、金銭賠償により解決されます。

そこで重要となるのが当事者間での金銭負担の割合です。

金銭負担は当事者の過失の程度によって負担額が決まります。

ドライブレコーダーがあれば自分に非がなかった場合、映像を証拠として提出できます。

車の場合1つ1つの部品が高いので金銭賠償になった場合、自分の過失を証明することはドライバーにとって重要です。

 

あおり行為は犯罪になりえる

あおり運転は走行中に蛇行や幅寄せ、急停止、パッシング等を、繰り返して相手に威圧感や恐怖感を与え、正常な運転を妨害する悪質危険な行為です。

しかしイライラした状態で運転している時は異常な精神状態であり、誰にでもあおり行為をついしてしまう可能性があります。

そこであおり行為をしないためにもどんな行為が罰せられるのか、具体的に把握しておきましょう。

重大事故につながりかねないあおり行為などの違反行為は累積点数がなくても危険性帯有者として免停などの行政処分がなさせれます。

さらに危険行為が有形力の行使と認められる場合は暴行罪が成立します。

刑事罰が科されると実刑が下される可能性があります。

以下どんな行為が違反行為となるか具体的に説明します。

 

・前方の自動車に著しく接近し、もっと速く走るよう挑発する

道路交通法車間距離保持義務違反26条

 

・危険防止を理由としない不必要な急ブレーキ

24条急ブレーキ禁止違反

 

・後方から進行してくる車両等か急ブレーキや急ハンドルで避けなければならなくなるような進路変更を行うこと

26条の2第2項進路変更禁止違反

 

・左側から追い越す

28条追越しの方法違反

 

・夜間、他の車両の交通を妨げる目的でハイビームを継続する

54条2項減光等義務違反

 

・執拗にクラクションを鳴らす

54条2項警音器使用制限違反

 

・車体を極めて接近させる幅寄せ行為を行う

70条安全運転義務違反71条5号の4初心運転者等保護義務違反

 

最近ではあおり行為から殺人罪と検察が認定した事件がありました。

殺人罪の認定の決め手となったのは、なんとドライブレコーダーによる証拠でした。

決してあおり行為の被害者及び加害者にならないように普段から運転には気をつけましょう。

f:id:laway:20180728215950j:image

ドライブレコーダーを買うなら液晶王国がオススメ

ドライブレコーダーを買いたいと思っても種類がたくさんありすぎて、どのお店でどの商品を買えば良いのかわからないという方もいるも思います。

このサイトはカー用品に特化した専門店なので使用にあたって必要なクオリティと手頃な価格でドライブレコーダーを購入できます。

いくら安くたってすぐ壊れるような物は誰だって購入したくないですよね。

手頃な価格と種類

液晶王国で扱うドライブレコーダーは14種類で、価格の幅はおよそ4000円〜19000円です。

選択肢が多すぎることもなく目的に応じた性能を持つドライブレコーダーを購入できます。

 

ドライブレコーダーの選び方

商品によってそれぞれ特徴がありますが、すごく簡単にいうとドライブレコーダー機能だけが欲しいという方は1万円以上を出す必要はありません。

1万円以内のドライブレコーダーでもしっかり役目を果たします。

記録する上で必要な機能は備えているので安心してください。

では1万円以上するドライブレコーダーとの差は何かというと画質の綺麗さです。それに加え製品によってはバックカメラ付きのドライブレコーダーなどがあります。

値段の高いドライブレコーダーはやはり画質が良い上に暗い場所でも低照度撮影ができるため綺麗に録画できます。

それぞれの目的によって価格帯が異なるので参考にしてください。

 

品質へのこどわり

ドライブレコーダーなどの電化製品を購入する際に最も気がかりなのは故障しやすいかどうかだと思います。

液晶王国で販売されているドライブレコーダーを含むカー用品のすべての商品は工場で厳しい検査がなされています。

そして基準を満たした商品のみQCシール(検査済みであることの証明)が貼られ出荷されています。

そのため検査に合格した商品のみを我々は購入できるため、精密機器特有のトラブルを未然に防げるようになっています。

また出荷直前に目視検品することにより同梱品の不備などのトラブルも防いでいます。

 

万が一の保証付き

基準を満たして出荷されているといってもドライブレコーダーなどの精密機器の故障に対してやはり不安があるという方もいると思います。

そこで液晶王国で購入したカー用品については初期不良対応として商品到着後30日間の保証に加え、メーカー1年保証も付いております。

そのため安心して買い物をすることができます。

 

ドライブレコーダーがあることにより防げるトラブルがあります。

まだドライブレコーダーを車に付けていないという方はトラブルが起きる前に設置しておきましょう。

注目のHID販売中、
他社も真似できない驚きの価格でご提供