【カンパチブログ】幸せ=健康×お金

カンパチの幸せな人生を追求する雑記ブログ。出世魚になるぞ

積立(つみたて)NISAとは。わかりやすく説明します

f:id:laway:20180707222226j:image

 

積立NISAとは

2018年から始まった金融庁が薦める積立式の資産運用のことです。

NISAは昔からありますが積立NISAは始まったばかりということもあり、かなり注目されており利用者も多いです。

内容もシンプルでかなり良心的なので、これから投資を始めてみようとする方はまずは積立NISAを始めると良いです。

 

特徴

非課税

NISAを利用する1番のメリットが非課税にあります。

税制度が採られる現代では、基本的に所得に対して必ず税金を納めなければなりません。

投資で得た利益も例外なく納税義務が課されます。

株式・投資信託などで得た利益に対しては20%の税金が飾られます(利益が出た場合のみ)。

納税しなければ、追徴税が課されますし額が大きければ脱税として捕まることさえあります。

しかし積立NISAの場合は、非課税なので利益に対して課税義務がありません。

もっとも積立NISAの利用額は無制限ではありません。

毎年上限40万円まで投資できます

そして期間は20年です。

なので40万円×20年で最大800万円が非課税対象となります。

 

従来のNISAと併用不可

2018年に積立NISAが開始される前からNISAは存在していました。

積立NISAとNISAの違いは年間の上限額が積立NISAの40万円よりも多い120万円まで非課税対象となります。

もっとも積立NISAより非課税額が多い代わりに投資期間積立NISAの20年間よりも短い5年間となっています。

積立NISAとNISAのどちらを利用するかご自身の投資額、投資期間、目的などから各自判断しましょう。

 

厳選された対象品

積立NISAとして選択できる商品は2018年現時点でインデックス型129本、アクティブ投信16本となっております。

積立NISAの商品には厳しい審査基準をクリアした商品のみが挙げられています(インデックス投信ならば信託報酬が一定以下、指定インデックスに連動などなど。アクティブ投信なら純資産50億以上などなど)。

わかりやすく言い換えるとどれを選んでもそれなりのパフォーマンスを発揮することが期待された商品のみが売られているお店で買い物ができるイメージです。

積立NISAは投資初心者にまさに適したものと言えます。

 

こんな人にオススメ

節税したい

やはり積立NISAを利用する1番の理由は非課税にあります。

なので節税したいと思っている人にはピッタリの投資ですね。

上限額が設定されているとはいえ、積立NISAを利用しないなんてもったいないです。

同じ商品を買うならばまずは非課税となる方を選択するのが普通だと思います。

税金のかからないセールが常時行われているお店で購入するようなイメージです。

 

投資初心者

初めて投資する人にとってはまず何を選ばべいいのかよくわからないと思います。

積立NISAなら対象商品が絞られている上に、厳格な要件を満たした商品のみを選択できるので大きな失敗をすることがありません。

積立NISA(NISA)以外の場合は非課税とはならないので、投資のスタートとしてまずは非課税である積立NISAから始めるべきです。

積立NISAはクセのない良心的な投資です。

それでもやっぱりなにを選べばいいのかまったく分からないという人はインデックス型から選ぶのがオススメです。

理由は信託報酬が低いからです。

インデックス型とは日経平均株価など、特定の指数の値動きに機械的に連動する投資信託で人の裁量が不要な分、運用手数料が安く済みます。

そもそも積立NISAは長期的に保有することが前提なので信託報酬の少しの差額が長期的にはそれなりのコストとなります。

まさに塵も積もれば山となるです。

またアクティブ投信から選ぶなら、ひふみ投信(ひふみプラス)がオススメです。

理由は成績優秀だからです。

アクティブ型とはファンドマネジャーが裁量で運用していく投資信託です。

人の裁量が介入する以上、やはり手数料が発生します。

もっとも、手数料が発生することを加味してもひふみ投信はインデックス型よりも良い運用実績を残しており、実際かなり人気です。

また積立NISAにはデメリットとして上限額がありますが、投資初心者にとっては年40万円というのは投資額として十分だと思うのでそもそもデメリットにはなりません。

 

長期的視点に立てる人

積立投資信託は短期で一気に利益が上がることはまずはありません。

積立という言葉からわかるように少しずつ利益が出ることを意味します。

毎月一定額を投資することを継続することにより長期的にみて利益を出します。

時にはマイナスになることもあるかもしれません。

しかし一時的なマイナスに動揺しているようではいけません。

積立NISAの投資期間が20年と設定されていることからもわかるように長い目でみてください。

長期的視点に立つということを理解せずに、周りがやっているからという理由だけで制度も仕組みも分からずなんとなく積立NISAを始めるという人がたまにいます。

積立NISA自体はいつでもやめれるので、そのような人はマイナスになった途端やめてしまいがちです。

なのでこの記事を読んでいる人は少なくとも10年単位という長期的視点を持ってください。

あのリーマンショックを経験したとしても、結果的には積立投資信託をコツコツやっていた人には利益が出ています。

具体的に言いますと、リーマンショックで株価全体が暴落する2008年直前に積立投資信託を始めた人でさえコツコツ積立を継続していれば2013年以降は利益が出ています。

長期的視点に立つことの大切さを歴史が証明しています。

 

楽天証券なら楽天スーパーポイントが使える

楽天証券でなくても主要証券会社では積立NISA自体は行えます。

ただ楽天証券のみで利用できるサービスがあります。

積立NISAでもなんと2018年の夏から楽天スーパーポイントが使えるとの公式の発表があります。

これを利用しない手はないですよね。

楽天カードでじゃんじゃん貯まった楽天ポイントで再投資できるなんてお得すぎです。

 

www.kanpachiblog.site

 

まとめ

証券会社で投資を始めるなら、まずは非課税対象である積立NISAから始めましょう。

長期的視点を持ちましょう。

積立投資信託は魔法ではないので宝くじのように突然大金が手に入るわけではありません。

コツコツと長期的に積立をして最終的に利益を得ましょう。

商品はできればインデックス型から選択し、アクティブ型から選ぶならばひふみプラスがオススメです。

楽天証券なら楽天スーパーポイントが使えるのでどうせなら投資しましょう。

 

 

カンパチは楽天大好きマンです。

光熱費やケータイ代などの生活費はすべて楽天カードから落とされているので楽天ポイントが貯まります。

また毎月楽天証券で積立NISAも投資もしているので、そこでも楽天ポイントが貯まります。

 

www.kanpachiblog.site

 

さらに楽天証券株式投資もしているので楽天ポイントが貯まります。

そして普段の買い物も楽天市場を利用したり楽天カードを利用するのでまたまた楽天ポイントが貯まります。

合計するとそれなりにポイントが貯まりますし、この利用態様が毎月なので一年を振り返るとかなり貯まっています。

そしてこれらのポイントはすべて投資に回しています。

まさに投資→再投資の繰り返しです。

グルグルと循環しています。

みなさんもぜひ。