【カンパチブログ】勉強と資産運用と健康

勉強&資産運用&健康を中心としたブログ。出世魚になるぞ

ソーシャルレンディングをクラウドクレジットで始めよう!資産運用

f:id:laway:20180705004947j:image

 

クラウドクレジットによるソーシャルレンディングとは

世界中の個人や事業者へのローンに融資し、資金需要者の成長を金利として受け取るという資産運用です。

 

簡単に言うとお金を必要としている人にお金を融資し、利子を付けて返還してもらうプラットフォームがクラウドクレジットです。

 

特徴

新しい投資機会

クラウドクレジットは、これまで日本にはそれほと見られなかった海外の消費者ローンや事業者ローンに投資をするという新しい投資機会を日本に提供してくれます。

融資を必要とする人に対し、融資を希望する人がいることにより成り立つ個人投資家のための投資ということです。

 

厳格な審査

安易に融資することにより貸し倒れになる危険性があります。

そこでクラウドクレジットでは海外の融資先に融資をする際に、現地の市場を最も熟知する人と考え、ローンの審査や融資金の回収の実績があるソーシャルレンディング業者を個人投資家に提供しています。

 

投資による応援

株式投資が株式会社を応援することを意味するように、クラウドクレジットは利回りの良い国の個人や事業者に日本の個人投資家の投資資金をお届けします。

投資された資金により資金需要者はより自己の活動できる範囲が増え成長に繋がります。

お互いがまさにWin-Winの関係になるようにクラウドクレジットがサポートします。

 

クラウドクレジット出資企業

伊藤忠、第一生命、三菱UFJキャピタル、femtoなどの大企業も名を連ねています。

企業の信用性が高いといえます。

 

利用者が急激に増えている

おそらくですが少しずつソーシャルレンディングという投資方法が世間に知れ渡り始めていることが理由だと思われます。

その決定打となったのがテレビ番組の「ガイヤの夜明け」でクラウドクレジットが紹介されたことにあると思います。

テレビ離れなんて言われていますが、やはりテレビの影響力ってやはりすごいですね。

 

メリット

圧倒的利回り

出資するファンドによりますが利回りが10%以上のファンドがたくさんあります。

継続的に安定した利回りを期待する人にはシンプルかつ的確な投資方法です。

日本のメガバンク普通預金として預けていてもほとんど利子は付きません。

ただ漫然と銀行に預金として現金を眠らせておくのは少しもったいないような気もします。

 

シンプルな投資

クラウドクレジットのソーシャルレンディングはFXなどの専門知識は不要ですし、株式投資のように買うタイミングで勝負が決まるような取引ではありません。

自分の信頼するファンドにお金を融資するだけです。

そして返済時期がくるのを待つだけです。

特別な知識や専門用語の理解が必須ではないというところが大きな特徴と言えます。

 

一万円から投資できる

一万円からの少額投資が可能です。

仮にロボアドによる投資信託で一番人気のウェルスナビで投資を始めようとした場合、最低10万円が必要となります。

クラウドクレジットならばそこまで資本金を用意する必要はありません。

 

初心者でも安心

クラウドクレジットはサポートシステムが充実しています。

ソーシャルレンディングに関するセミナーを定期的に開催しています。

少しでも興味がある方はまずはセミナーに参加することから始めてみるのもいいと思います。

ほかにも公式サイトにはクラウドクレジットに関する動画コンテンツが配信されています。

気軽に投資情報や提携会社の情報を手に入れることができます。

 

デメリット

元本保証がされていない

投資をする際には当然リスクが付きまといます。

クラウドクレジットの場合は貸し倒れというリスクがあります。

もちろんクラウドクレジットでは貸し倒れを防ぐために独自の仕組みで投資金の保全を図ろうとしています。

クラウドクレジットでは小口分散や実物資産の買戻しや売戻しによりリスクを分散し貸し倒れを防いでいます。

そのため貸し倒れになる可能性が低いとはいえ、ゼロではない以上は投資する際には元本保証がされていないことを考慮した上で行動しなければなりません。

 

為替リスク

為替リスクはクラウドクレジットに限りませんが、分配金お支払い時の円と外貨の交換レートかファンド開始時に比べて円高または円安に振れた場合に発生します。

たとえクラウドクレジットで投資したお金の運用が予定通りであったとしても、為替の変動により損益か変動する可能性があります。

 

運用期間が1年から

クラウドクレジットによる投資では、ほとんどの投資先ファンドの運用期間がだいたい1年以上となっています。

そのため、FXや株式投資のように短期間で利益を出したい人は向いていません。

逆にいえば、普段仕事や勉強で忙しくて逐一投資情報をチェックしている暇がないという人や長期的に見て利益が出ていれば良いという人には向いています。

 

まとめ

テレビでも紹介されるほどクラウドクレジットが今注目されている理由がわかったでしょうか。

高い利回りとシンプルな投資方法が利用者の心を掴んでいると思います。

この記事を読んでクラウドクレジットを始めてみたいと思うけれどやっぱりなんとなく怖いという方は、とりあえず少額で始めてみてください。

まずは一万円から始めて一年後に実際に一万千円で返ってくることを体験してください。

投資額を増やすのはそれからで良いと思います。

口座開設は無料なのでまずは作ってみてください。