【カンパチブログ】勉強と資産運用と健康

勉強&資産運用&健康を中心としたブログ。出世魚になるぞ

楽天証券で楽天ポイントを使って投資を始めよう

f:id:laway:20180703003851j:image

前回マネーブリッジにより楽天銀行普通預金金利メガバンクの100倍ということを紹介しました。

マネーブリッジ?金利100倍ってどういう事!という方はこちらの記事を↓ 

www.kanpachiblog.site

 

 

今回はマネーブリッジをするにも必要となる楽天証券の良さをお伝えしていきます。

 

 

楽天証券の特徴

100円から投資積立ができる

将来が不安だから早いうちに老後の資産形成をしておきたいと思う人はたくさんいると思います。

でも投資ってなんだかよくわからないし、大金を投じるなんて怖いと感じるかもしれません。

そんな人はまずは少額から始める100円投資信託をやってみましょう。

少額なのでリスクも低いので安心です。

始まるにあたってのハードルの低さは初めての人にとっては大事ですよね。

たとえ100円であったとしても立派な投資家としてのスタートを切ったと言えますよ!

 

楽天ポイント投資信託を購入できる

これは地味にすごいと思います。

将来のための資産形成に現金以外で投資信託が買えるんです。

これは心理的な負担が少ないので投資初心者におすすめです。

 

実際に自分の財布からお金を出して購入した投資信託銘柄の利回りが思うように伸びなかった時、落ち込むかもしれません。

自分の大事なお金が減ったら誰だって嫌ですよね。

そこで楽天証券のみが提供する楽天ポイント投資信託を購入できるサービスの登場です!

たしかに楽天ポイントもポイント利用により物を購入することができます。

しかし楽天ポイントは厳密には楽天の提供するサービス内で使用できるにすぎず、お金と同価値とまでは言い切れません。

ポイントでその銘柄を購入していた場合は現金ではなくお得に購入できたものであるという心理が作用し、上がれば儲けものという姿勢で臨めるため心理的負担がとても軽くすみます。

 

そのため投資経験がまったくないという方は、まずはリスクの少ない楽天ポイントのみ又は少額資金+楽天ポイント投資信託を購入するところから始めてみると良いかもしれません。

 

また楽天ポイントで購入できるのだから、あえてリスクを取った銘柄を買うという戦略を取ることもできます。

リスクを避けたポートフォリオを構築する場合、比較的新興国ファンドは避けられがちです。

そこで心理的負担の大きくない楽天ポイントはあえて新興国ファンドに投資するという選択も面白いと思います。

実際、僕は楽天ポイントがかなり貯まっていたのでこれまで手を出してこなかった銘柄を購入しました。

 

初心者にも優しいサイト設計

楽天証券のサイトには「通常モード」と「かんたんモード」があります。

「通常モード」は文字通り、ある程度投資を経験したことがある人向けのサイト設計になっており、自ら操作する範囲が広いです。

逆に投資信託のことがよくわからないという人は「かんたんモード」を選択すれば、よりシンプルでわかりやすい表示になります。

具体的には投資信託の選び方がわからないという人には、今後どんなライフプランにしたいかなどを選択すればその人に合わせた投資信託の候補やオススメを出してくれます。

 

手数料が実質無料

投資信託でネックになるのが手数料の高さにありました。

しかし、楽天証券では手数料を無料にするサービスを始めました。

なんと2018年7月2日から投信積立手数料全額ポイントバックプログラムが開始されました。

これは投資信託を積立する際にかかる手数料が全額ポイントとして付与されるサービスです。

これまでは投資信託を積立取引する際には、手数料がしっかり取られていました。

しかし今後はポイントとしてバックされるので実質無料となります。

つまり楽天証券では楽天ポイントにより投資信託が購入できるので、バックされたポイントによって再投資できるんです。

取引手数料は取引額に対して課されます。

そのため少額であればそれほど気になる額ではありませんが、取引額と取引回数が多くなればなるほど無視できない額になります。

ボクシングでいうボディーブローのようなジワジワと痛みが効いてくるような取引手数料が2018年7月から無料になるのはとても嬉しいサービスです。

始めるなら取引手数料が無料になった今がチャンスだと思います。

 

これまで手数料の高さを理由に購入することを断念していたファンドもこれからは気にすることなくることなく購入することができます。

 

まとめ

基本的にどこの証券会社でも株式やFX、積立NISAなど主要取引ができることは変わりません。

楽天証券が他の証券会社と大きく異なるところは、楽天ポイントが使用できることと投資信託の手数料が無料というところです。

 

普段から楽天市場を利用しているという人や楽天カードで支払いを済ませている人は楽天ポイントがそれなりに貯まっていると思います。

 

今は楽天ポイントが貯まっていなくとも、ケータイ代や水道代、電気代の支払いを楽天カードで支払うように変更した人は楽天ポイントが今後貯まる可能性が非常に高いです。

そのような楽天ポイントとの関わりがある人は楽天証券で将来を見据えて投資をすべきだと思います。

リスクのない楽天ポイント投資で100円からでも良いので始めてみましょう。

早く始めれば始めただけ周りと差がつきますよ!