【カンパチブログ】勉強と資産運用と健康

勉強&資産運用&健康を中心としたブログ。出世魚になるぞ

しまなみ海道サイクリング1日目

f:id:laway:20180623014926j:image

先日友人2人とカンパチの計3人でしまなみ海道を走ってきました。

友人からしまなみ海道に行こうと誘われた時、以前から行ってみたいなと思っていたのですぐ快諾しました。

 

もう最高

ん~最高(語彙力)

 

 

1日目スケジュール

ざっくりスケジュール

1日目

早朝

広島駅尾道

船で向島に渡りしまなみ海道

向島因島

昼頃

途中道の駅で休憩

因島生口島

生口島大三島

旅館に泊まる

 

まずは広島県尾道へ 

朝、広島の尾道まで電車で行きました。

ロードバイク輪行バッグに入れれば電車にだって乗れるんです。

レンタルサイクルでも良かったのですが、行くメンバーが全員それぞれロードバイク持ちでした。

なのでどうせだったら慣れ親しんだ自分のロードバイクしまなみ海道を走破しようということになりました。

 

1日目の朝、尾道に向け始発に乗ったので眠気がすごいかったのを覚えています。

ワクワクよりも眠気が完全に勝っていました。

さらに眠気に加えて電車の揺れが心地良いので広島県尾道まで爆睡でした。

 

電車から降りて、さっそく自転車を組み立てて船に乗りました。

f:id:laway:20180623015020j:image

尾道から向島というところまで渡船に乗る必要があります。

船に揺られているうちに、いよいよしまなみ海道だー!というワクワクした感情が込み上げてきました。

 

コミュニケーション力は大事 

僕らのほかにも2組自転車を持ってきている人が近くにいて、明らかにしまなみ海道行きの姿でした。

友人の1人がコミュ力おばけ(コミュニーケーション力が異常に高い)なのでその人達とナチュラルに会話し始めました。

 

しかもけっこう盛り上がっている!

 

す、すげー!!さすがだ!と思い、軽い挨拶程度を済ませた僕は後ろのほうでボーっと景色を眺めていました。笑

 

船に揺られながら見る自然の景色と波の音は、はっきり言って最高です。

自然って綺麗で素敵なんですよ。

 

コミュ力おばけのトーク回しを見ながら感心している自分は、相変わらず人見知りだなあと再確認できました。

 

僕は昔からどちらかといえば大人数でワイワイするよりも少人数でフフフと笑い合っているタイプでした。

なのでプライベートの交友関係は広いというより、狭く深くというタイプです。

積極的に新しい友達を作ろうとはせずに生きてきました。

 

だから改めて初対面にも関わらず、ガンガン話しかけることができる人はすごいなと実感しましたね。

 

スタート

そんなこんなで向島に到着して、ついに出発です。

 

天気は快晴です。綺麗な青空の下でスタートを切りました。

3人ともテンション爆上げでした。

後半キツくなるとも知らない僕たちはルンルン気分で自転車を漕いでいました。

 

僕たちは趣味でロードバイクをしているのでけっこうな速さで進めていました。

 

なので途中何組か抜かしたりして進んでいました。

 

ロードバイクっていきなりキツくはならないんです。

疲労が少しずつ溜まってきて、だんだんキツくなってくるんです。

案の定僕たちも昼前にはバテ気味になったので、道の駅で休憩に入りました。

 

そこでも自分たちと同じようにサイクリングに来ている人たちが何組もいたので話しかけたり、話しかけられたりして自然と仲良くなりました。

 

普段知らない人と話すことってほとんどないじゃないですか。

挨拶は軽くするかもしれませんが、しっかり面と向かって話すことなんてほぼありません。

ただ、なぜかしまなみ海道に行く途中で会う人達とはしっかり話せるんですよね。

知らない土地と大自然に囲まれて、開放的になってるからなんですかね?

すごく不思議でした。

 

お昼休憩をしっかり取って午後もスタートです。

趣味でみんなロードバイクに乗っているので、予定よりも速く進んで行きました。

 

宿泊先到着

特にトラブルや変わったできごともなく夕方前には大三島にある宿泊先に到着しました。

トラブルが起きず、みんなケガもなかったのでよかったです。無事でなにより。

 

泊まったところは普通の民宿で、部屋も畳の広い部屋にテレビと布団があるだけでした。

特に僕は部屋に対するこだわりがないので満足でした。

部屋に荷物を置いて、シャワーを浴びて付近を散策しました。

近くが海だったので、海風がすごく気持ちよかったです。

砂浜から見える夕日か沈んでいく姿はドラマみたいにロマンチックで綺麗でした。

 

f:id:laway:20180623015134j:image

 

ただそんなロマンチックな雰囲気に反して25歳の男が3人もいてただ暑苦しい状態だったのが残念ですww

 

冗談はさておき、ゆっくり夕日が沈んでいく様は1日目で1番感動した景色でした。

 

感動した後は、近くにスーパーがあったのでお酒やおつまみをたくさん購入して宿に戻りました。

 

宿の夜ご飯は、お刺身御膳でした。

普通に美味しかったです。

ただ、そこまで変わり種というか印象に残るような料理はなかったです。

普通に美味しい夜ご飯でした。

 

部屋に戻って3人で乾杯して、くだらない話から将来のこととか色々喋ったりしました。

 

この時間は修学旅行みたいな感じがして個人的には心地よい時間でした。

 

そんな感じで気づいたらいつのまにか寝てました。

 

1日目が終了です。

 

拙い文章ですが、なんとなくざっくりしまなみ海道の旅の雰囲気が伝わればいいなと思います。

しっかり書いてませんが、移動は全てロードバイクなのでそれなりにみんな疲れていました。

ただ、そんなの忘れるくらいはしゃいでました!楽しみました!

 

あると便利なもの

1日目を振り返ってあって良かったなぁと思う物をあげます。

ぜひ、しまなみ海道に行く時は装備してってください。

 

ホルダー

こちらの商品はアルミ製で特に軽量化されているモデルなので、自転車に装着しても車体の重さはほぼ変わりません。

付けることで自転車に飲み物を置くことができます。

リュックの中に入れてもいいのですが、これではすぐに飲めないんです。

ホルダーがあれば自転車に乗りながらだって簡単に水分補給ができます。

飲み物を飲むためだけに毎回自転車を止めて、降りて、リュックから飲み物を取り出すなんて明らかに手間です。

なのでホルダーはぜひ付けてってください。

 

キャップと日焼け止め

なにも準備なしにしまなみ海道に突入するとシンプルに日焼けで真っ黒になります。

キャップは直射日光から頭部を守ってくれますし、日焼け対策にもなります。

友人はなにもしていなかったので1日目が終わった時点で真っ黒クロスケになっていましたw

 

汗拭きシートやデオドラントウォーター

この組み合わせがすごいんです。

女性youtuberの方が夏の暑さを避ける方法として紹介していたのを思い出して、どうせなら試してみようと思いやってみました。

市販で売ってる汗拭きシートなどで簡単にできまず。

ギャッツビーとかシーブリーズとかなんでも良いです。

正直、気心知れた男だらけの旅だったので汗なんてそこまで気にしていませんでした。

しかし、なんとなく途中のコンビニで汗拭きシートとデオドラントウォーターが売っていたので試してみました。このコンビはかなり旅の役に立ちました。

長時間自転車を漕いでいるので体温が上昇します。

そんな時に汗拭きシートにデオドラントウォーターを染み込ませたもので身体を拭くんです。

すると想像以上にスースーしてめちゃくちゃ気持ちいいんです。

友人達にも試してみなよ!と勧めたところ、みんなかなりハマっていました。

ありえないくらいスースーする上に大自然の風が拭いた場所にあたるので爽快感がありすぎて笑えてきます。

何度も3人で爆笑してました。

たぶん疲労でみんな頭がおかしくなっていたと思います!

 

こちらが2日目の記事です。

www.kanpachiblog.site