【カンパチブログ】勉強と資産運用と健康

勉強&資産運用&健康を中心としたブログ。出世魚になるぞ

防水スプレーで白いスニーカーを汚さない

f:id:laway:20180603233016j:image

 

突然ですが、カンパチは服や靴が好きです。

自分のお気に入りの服や靴を着用すると気分が上がりますよね。

つまり心の健康につながります。

というわけで無理矢理このブログのテーマである健康に関連づけて白いスニーカーを白いまま維持する方法を紹介します。

この方法は幼い頃、母に教えてもらって以来ずっと用いてるんですが意外と知らない人が多いんです。

 

必要なもの

白いスニーカー(新品が好ましい)

今回はド定番スタンスミスを用意!

防水スプレー

の2点だけです!!超簡単!!

第1ステップ

f:id:laway:20180603173306j:image

外に出ましょう!室内だと防水スプレーしづらいので!

俺は関係ねえ〜気にしねえ〜!という硬派な人は室内でどうぞ(笑)

 

第2ステップ

スニーカーを地面に置きスプレーをかけます。

f:id:laway:20180603173248j:image

ヒモをつけっぱなしだとその部分のスニーカーの表面にスプレーが散布されません。

より高いクオリティを求める人は一度ヒモを外してから防水スプレーをしましょう。

 

ここで注意することはあまりに至近距離でスプレーしないこと!!

 

近すぎると水滴になってしまい、それがシミになりやすいからです。

遠くから円を描くようにサーっとかけてください!

かけたら30分ほど放置して乾かします。

第3ステップ

再びスプレーをかけて、より効果を高めます!

 

乾いたら完成。簡単!

 

当然ですが、使用に伴い防水効果が落ちていきます。

そこで白さをより長く維持したい人は定期的に防水スプレーを散布して防水効果を保ちましょう。

 

以上簡単な3ステップです。

 

ポイント

・至近距離で防水スプレーをしないこと

・クオリティを上げたい人はヒモを一度外すこと

・防水効果が履くたびに落ちるのでより長く保ちたい人は定期的に3ステップを行うこと

 

これまで白いスニーカー自体は欲しいけど汚れが目立つから買いづらかった人も多いと思います。

しかし、この方法を知ったのでもう大丈夫です。足元が白いと服装が全体的に締まりますし、清潔感が出るのでおすすめです。

スニーカー豆知識

スニーカーは英語のSneakという単語から名付けられた。

Sneakとは忍び寄るという意味です。

比較的堅い革靴と異なり、スニーカーは柔らかい素材でできているため音を立てずに忍び寄ることができます。

実際にKedsがスニーカーの販売においてキャッチフレーズとして「静かなるクツ」と呼んでいます。

世界一売れてるスニーカー

ど定番のスニーカーとして私物のスタンスミスを今回使用しましたが、なんと1番売れたスニーカーとしてスタンスミスがギネスに認定されています。

逆に言うと、人とは被りたくない人にとっては最も買いたくない一足とも言えます(笑)。

でも世界一売れてるだけあってスタンスミスはスニーカーとしての履き心地は最高ですよ!!

ガムを踏んだ時の対処法

ガム踏んでしまった時って最悪ですよね。

特にお気に入りのスニーカーだったりするとガムを歩道に吐き出したやつに対する殺意が湧きますよね(笑)。

踏んでしまったことは仕方ない。取らなければいけません。

 

1つ目は制汗剤やコールドスプレーを掛けることです。

温度が高いと柔らかくなるのに対し、低くなると固くなるという性質をガムは持っているからです。

 

2つ目は油を布につけてガム部分を擦るという方法です。

この方法は油に溶けるというガムの性質を用いた方法です。

家にある家庭用のオリーブオイルやサラダ油で簡単んガムが落ちます。

これでこれからはガムを取るのに苦労しませんね。

 

というかガムを歩道に吐き捨てるやつ消えてくれ!!

そもそもそんな非常識な人がいなければこんな豆知識は要りません(笑)

もしこの記事を読んだ人の中に過去にガムを吐き捨てたことがある人は金輪際吐き捨て禁止!!約束しよ!?

いや、あれ踏むとマジで萎えるから!泣きたくなるから!お願いします!

 

書いててなんか少し熱くなってしまいました(小さい男)。

それでは。