【カンパチブログ】幸せ=健康×お金

カンパチの幸せな人生を追求する雑記ブログ。出世魚になるぞ

自転車ダイエットするならヒルクライムがオススメ

 

自転車でヒルクライムは最高

早起きして友人とヒルクライムしてきました。

登って朝日を撮りました。

f:id:laway:20180527035412j:image

 

自転車で山を登ることにハマっています。

なんといってもその魅力は、自分のペースで登れることにあります。

誰かと競争するわけでもなく、自分が可能な範囲で運動できます。

カンパチの場合は、山を登る毎にタイムを計ってより速く登れるよう常に自分と戦っています。

これが面白いことに登れば登るほど速くなるんですよ。

自分の感覚的には以前と変わりがないんですが、具体的に数字が出ることにより成長しているんだって初めて気づきます。

勉強も仕事も運動も成果が出るとより楽しいじゃないですか。初めて登ったときなんて漕ぎ続けなから到達することができず、何度か自転車から降りていました。

それが何度か登るうちに自転車から降りることなく登れるようになりました。成長を実感するとよりやる気が出ますよね。

戦略的に登るのが面白い

ただ漫然と毎回登るのも悪くはないんですが、どうせ登るなら色々工夫や改善をした方がタイムが縮まるし面白いと思って自分なりに戦略を立てて登っています。

当然、道は登り坂なので平地よりも体力を使います。

そこで自分の体力を客観的に認識し、どのようなペースで登るのかを把握します。

 

登り坂といってもずっと一定の傾斜ということはありません。途中で急にキツくなったり、緩やかになるところが多くあります。

勾配のきついところはゆっくりと走り、勾配のゆるいところではちょっとだけ頑張ってみるときついところと緩いところの息の上がり具合が大体一定になります。

便利なことに心拍数を計測する機械があるので、心拍数を見ながら走行することができ、その数値を基準にペースの調整ができます

またヒルクライムにおいて欠かせないのがダンシングという漕ぎ方です。

ちょっとかっこいい名前ですが、簡単に言うと立ち漕ぎです。

立ち漕ぎというと、思いっきりダッシュしていく様なイメージがありますが、ヒルクライムでは役割を変えていくと便利な技になります。

ダンシングには休むダンシングと攻めるダンシングの二種類があり、それらをうまく使い分けることが要求されます。

またダンシングは身体全体の筋肉を使って漕ぐので均等に筋肉がつきバランスの良い身体作りにも最適です(女性にもおすすめ)。

他にもヒルクライムにおいては平地よりもペダリング(カカトが下がらないようにする等)の差が走りの差に表れやすい上に、楽に登る呼吸法や適したフォーム等多くの戦略を練ることができます。

これらを意識することでより速く登れるようになります。

今回は何をどのように意識して登ろうか、と自分の課題を設定してそれをクリアしていくの楽しいんですよ。 

だから毎回登るときはワクワクしています。

f:id:laway:20180529171501j:image

ヒルクライムの良さ

自転車で山を登るなんてしんどくないの?

しんどい!しんどいよ!

正直登ってる最中はめちゃめちゃしんどいです。

 

自転車で山を登る良さを言葉でうまく伝えるのは難しいののですが、登り切った後の爽快感とか登った後の景色の綺麗さ、ドリンクの美味しさなど登った人にしかわからない良さがあります。

なにより怠けたくなる自分に打ち勝つことができます。

 

登ったら当然帰りは下るのですが、下りはかなりスピードが出るのでジェットコースターみたいな疾走感があります。

ブレーキかけなかったら40〜50kmくらいは出てしまいます。

もっともそんな速さで落車したら命に関わるので最善の注意を払って下ります。

最低限ヘルメットは着用しましょう。いざという時に命を守ってくれます。

そして帰宅してから食べる朝ごはんは普段の3倍美味しいです。嘘じゃありません。3倍美味しいです。

家にこもってひたすらビールとおつまみを口にしながらダラダラする休日もカンパチは大好きです(クズ)。

でもたまには休日に運動を取り入れてみるのも案外悪くないですよ?むしろ最高です!

そんな感じで最高な休日は始まります。

それでは。