【カンパチブログ】勉強と資産運用と健康

勉強&資産運用&健康を中心としたブログ。出世魚になるぞ

自転車ダイエットで楽しく痩せる

今回の記事は

・ダイエット方法に悩んでいる

・安全にダイエットしたい

・楽しく運動をしたい

という人に自転車(ロードバイク)をおすすめする記事です。

 

f:id:laway:20180528024713j:image

自転車ダイエットのすすめ

自転車ダイエットの魅力は心理的ハードルが低いことにあります。

例えば突然あなたは今から30分間走り続けてくださいと言われました。

普段からランニングやその他の運動をしている人にとってはなんてことないかもしれません。でも、普段運動しない人にとっては正直きついですよね。

でも自転車ならできそうだと思いませんか?そうでなくても30分走り続けるよりはまだできるかも?とは思いませんか!

あなたが中学や高校の頃それくらいの距離余裕で乗ってませんでした?

それだけでなく自転車に乗ることにより消費するカロリーは非常に高いです。

体への負担が少ない

よくありがちなのですが、いざダイエットを始めようと体重の重い人がランニングを始めた結果、ケガをしてしまうことがあります。これは体重が重い身体で硬いアスファルトの道路を走るため、膝や腰へ大きな負担を掛けてしまうことが原因です。

 

その点自転車の場合、体重が自転車の各部分に分散されているのでランニングするよりも膝や腰への負担が少ないためケガをするリスクが少ないのです。

美脚になれる

自転車を漕ぐと脚が太くなると思ってませんか?

女性の方は特に美脚になりたいと強く思う人が多いと思います。

自転車に乗ることにより脚が太くなると勘違いしている人は、おそらく競輪選手の脚を見てそのような誤解を生んでしまっていると思います。

最初に言っておきますが、競輪選手のあの太い脚は過酷なトレーニングを積んだ結果得られたものです。普通の方では耐えられないハードトレーニングによって形成された脚です。

そのため通常の人が漕ぐ程度の負荷の場合は脚が太くなることはありません。むしろ美脚になれます。

また自転車は全身を使って漕ぐため、脚だけでなく全身が健康的にスリムになります。

f:id:laway:20180528024747j:image

できれば30分以上乗ろう

有酸素運動の効果が表れるには運動開始から20分経過してからだと言われています。

そのため自転車ダイエットをする場合も、できれば30分以上は乗ることが理想です。

それだけ乗ればダイエット効果が期待できます。

自転車を30分以上漕ぎ続けるとかなりの距離を移動することになります。そのため漕いでる間、おそらく同じ景色ということがありません。場所を選べば素敵な景観を眺めながらダイエットできます。

 

f:id:laway:20180528024814j:image

自転車に乗り出したきっかけ

自分が乗り出したのはベタかもしれませんが、弱虫ペダルというマンガがきっかけです。

弱虫ペダルの人気は実際にすごいです。カンパチのように影響を受けてロードバイクを購入した人も多いと思います。

このマンガがまた面白いんです。

オタクな主人公が自転車を通じて成長していくんですが、周りのキャラも濃くてハマってしまいました。とにかく出てくるキャラがそれぞれ振り切っているんですよ。

作者には失礼を承知で述べますが、例えば御堂筋君というキャラが出てきます。

正直顔が…ちょっと君が悪くて怖いんですよ(笑)。

著作権の関係でここに貼っていいのか疑問なので検索してもらえれば分かるんですが、御堂筋君は初見だと正直ちょっと君が悪くなぁなんてマイナスな感想を抱くと思います。

でも慣れるとそれがクセになるというか、そのキャラをどこか好きになっているんですよ(笑)

実際、グーグル検索で「弱虫ペダル 顔」といれると予測変換で顔芸とか顔が怖いなどが出てくるんですよ。

気になる方はぜひ読んでください。

きっとハマると思いますよ。

単行本では所々ロードバイクの説明がけっこう詳しく記載されてて買ってみようかな〜なんてノリで購入しました。

気軽に購入したのですが、これがまあ楽しいんですよ。

それまでは自転車といえばママチャリというイメージだったので全ての面においてロードバイクの圧勝でした。

デザイン、速さ、重さ、カスタマイズ性などなど!

あまりに楽しかったということもあり、今では周りの友人なんかも巻き込んじゃって一緒に走りにいったしてます。

 

まとめ

・自転車ダイエットは体への負担が少ないため安全にダイエットができます。

・美脚効果もあるため女性にもおすすめです。

・まずはマンガ弱虫ペダルを読んで自転車の楽しさを知りましょう。

 

決して安い買い物ではないですが、ロードバイクを初めて後悔したことは一度もありません。

むしろアルミじゃなくてチタンフレーム(アルミより高価)のロードバイクも欲しいなぁなんて思っちゃうくらいハマってます。

これからも自転車ライフを楽しんで行こうと思います。

それでは。

www.kanpachiblog.site

www.kanpachiblog.site